本文へジャンプ

技能五輪

技能五輪大阪府大会

この大会は、技能五輪国際大会に派遣する選手を選抜するための大阪府予選として、
技能検定の実技試験に併せて行うものです。
技能五輪国際大会は、青年技能者の国際的な技能競技大会で、参加国における職業訓練の振興と、
青年技能者相互の理 解と親善を深めるために実施されるものです。
技能五輪大阪府大会で優秀な成績をおさえめて大阪府代表となり、次いで技能五輪全国大会に出場
して優勝すると、日本代表選手として、技能五輪国際大会に出場することができます。

技能五輪全国大会

この大会は、国内の青年技能者の技能レベルを競うことにより、
青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を提供するなど、
広く国民一般に対して技能の重要性、必要性をアピールし、
技能尊重気運の醸成に資することを目的として開催されます。


第56回大会は、平成30年11月2日(日)から同月5日(月)に那覇市民体育館(沖縄県)
他15ヵ所で開催され、42職種に1,292名の選手が参加しました。

大阪府からは15職種に52名の選手が参加しました。
 

 第56回 技能五輪全国大会 大阪府選手団名簿(PDF)

 
     ★10月23日(火)に、大阪府選手団の激励会を行いました。会場風景はこちら


 第56回 技能五輪全国大会 入賞者名簿(大阪府)(PDF)

     ★大会会場風景はこちら
       ・開会式、機械組立て、精密機器組立て
       ・メカトロニクス、フライス盤、旋盤、自動車板金、配管、貴金属装身具
       ・電工、フラワー装飾、美容、理容、情報ネットワーク施工
       ・造園、日本料理、閉会式
     
     ★入賞者の方々が結果報告に来て下さいました。入賞おめでおめでとうございます!
        株式会社きんでん のみなさん

 


 技能五輪全国大会 大阪府選手団成績(過去5大会)(PDF)

 

 

技能五輪国際大会

この技能五輪国際大会は、正式には国際技能競技大会と呼ばれ、
昭和25年(1950年)にスペインで始まりました。                                                       技能五輪国際大会は、国際的に技能を競うことにより、
参加国の職業訓練の振興及び技能水準の向上を図るとともに、
若い技能者の国際交流と親善を目的とした大会です。


わが国は、昭和37年(1962年)の第11回大会から参加し、過去3回、日本で開催されました。
昭和45年(1970年)の第19回大会は千葉県、昭和60年(1985年)の第28回大会は大阪府、
平成19年(2007年)の第39回大会は静岡県で開催されました。

直近では第44回大会が平成29年(2017年)に アラブ首長国連邦・アブダビで開催され、
日本選手は金3・銀2・銅4の計9メダルを獲得しました。


次回は平成31年(2019年)にロシア連邦・カザンで開催予定です。
 
 第45回 技能五輪国際大会開催地、日程等(中央職業能力開発協会)

 技能五輪国際大会 大阪府選手成績(過去5大会)
 

↑このページのトップへ