本文へジャンプ

若年技能者人材育成支援等事業

若年技能者人材育成支援等事業

本事業は、大阪府職業能力開発協会が厚生労働省から委託を受け、
ものづくりマイスター制度を設け、当該マイスターが、技能競技大会の課題等を活用しながら、
広く若年技能者への実技指導を行い、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う。
また、技能士のスキルアップを図るとともに、技能士を活用した意識啓発事業等を行うことにより、
                          
地域関係者の創意工夫による技能尊重気運の醸成を図る。
本事業を効果的に進めるため、地方公共団体、経済団体等地域関係者による連携会議を設置し、
推進計画を策定の上、地域関係者が連携・協力の下に事業展開を図ることを目的としています。


技能振興コーナーを設け、下記のようなものづくりマイスターの活用及び地域における技能振興等
の事業を展開しています。

 1.地域における技能振興
    技能五輪全国大会参加への予選の実施
    技能五輪全国大会及び若年者ものづくり技能競技大会への参加支援
    「技能五輪」実演会の開催
    おおさかものづくりコレクション2017
    職業能力開発に係る講演会
    小中学校における「ものづくり体験教室」    
    市区町村イベントにおける「ものづくり体験教室」
    熟練技能者による技能講習
    卓越した技能者の表彰(現代の名工)展の実施
    技能競技大会展の実施
              技能士展の実施
    技能伝承に取り組む企業の好事例発表及び意見交換

 2.ものづくりマイスターの認定・登録 
 
 3.ものづくりマイスターの活用
    学校の教師・保護者(PTA)を対象とした「ものづくりの魅力」講座等の開催
    学校の授業等へ児童・生徒を対象とした「ものづくりの魅力」講座等の開催
    学校の授業等へ児童・生徒を対象とした事業所・訓練施設等の見学会の開催
    若者に対する「ものづくりの魅力」発信
    地域若者サポートステーションからの要請に基づく製作実演・講義等の開催
    ものづくりマイスターの働く職場での職場体験実習

厚生労働省「ものづくりマイスター制度」

  厚生労働省「ものづくりマイスター制度」とは…

    高度な技能をもった「ものづくりマイスター」が、技能競技大会の競技課題等を活用し、
    中小企業や教育訓練機関で広く若年技能者への実技指導を行い、
    効果的な技能の継承や後継者の育成を行うものです
    対象分野は、100を超える建設業および製造業に該当する職種です

        詳しい制度紹介は、こちら から 教育訓練機関の方
                        企業・業界団体の方


  厚生労働省「ものづくりマイスター」募集中!!

    ● 次の認定基準に該当する高度な技能を有する方を募集しています
     ① 技能検定の特級・1級・単一等級の技能士及び同等の技能を有する方、
       技能五輪全国大会の成績優秀者(銅賞まで)のいずれかに該当する方
     ② 実務経験が15年以上ある方
     ③ 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方

    ● 申請資格について
     ① 応募時に、企業等に所属している方は代表者又は所属長の、それ以外の方は第三者から
       ものづくりマイスターにふさわしい者として推薦を受けられること
        注) いずれの場合も二親等以内の親族関係にある者及び個人名のみの推薦を除く
     ② 認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること

    ● 認定申請手続きの流れ


    ● 申請方法について
     認定希望の方は、下記から関係書類をダウンロードしていただき、
     申請要領に基づいて、指定の申請用紙に必要事項を記入のうえ、
     在職者は事業所の所在地の、在職者でない方は居住地の都道府県地域技能振興コーナー
     申請(提出)をお願いいたします

         ものづくりマイスター募集リーフレット
               
        ◆ 一括ダウンロード
         ものづくりマイスター認定申請関係書類 (PDF 1118KB)



        ◆ 分割ダウンロード
         ものづくりマイスター認定申請要領 (PDF 639KB)

         ものづくりマイスター認定対象職種コード表 (PDF 297KB)
         ものづくりマイスター認定申請書 (Excel 73KB)


  ものづくりマイスター認定状況
         平成29年 第1回 (PDF 435KB)
         


【ものづくりマイスター過去の認定状況】
       
  ・ 平成28年度
  ・ 平成27年度
  ・ 平成26年度
  ・ 平成25年度
       
 

厚生労働省「ITマスター制度」

ITマスター募集中
・次の認定基準に該当する高度な技能を有する方を募集しています。
①実務経験が7年以上ある方(情報技術に係る修士課程を修了している場合には
 実務経験5年以上で可)
②以下の情報技術関連の資格のいずれかを有する方
 (1) 情報処理技術者試験応用情報技術者試験合格者
         「情報処理技術者試験の詳細はこちら」→IPA(情報処理推進機構)
 (2) 技能検定(ウェブデザイン)1級
 (3) 上記(1)(2)に相当する資格を有する方(ITSSのスキル習熟度レベル3~4に相当)
   ※詳細は「ITマスター認定申請要領」の別表2をご参照ください。
 (4) 上記(1)~(3)の資格を有さない場合は、技能五輪全国大会又は若年者ものづく
   り競技大会のうち、ITマスター対象職種で優秀な成績を収めた方(銅賞以上の入
   賞者)
③ 技能の継承や後継者の育成に意欲を持って活動する意思及び能力がある方
 
<申請資格>
応募時に、第三者からITマイスターにふさわしいとして推薦を受けられること
認定を受けた場合、プロフィール・指導内容等の公表が可能であること

ITマスターのご案内
 
申請方法について
認定希望の方は、下記から関係書類をダウンロードしていただき、
申請要領に基づいて、指定の申請用紙に必要事項を記入のうえ、
在職者は事業所の所在地の、在職者でない方は居住地の都道府県地域技能振興コーナーに
申請(提出)をお願いいたします。
 
◆ITマスター募集要項
  1.ITマスター認定申請要領(H29)
  2.ITマスター認定申請書(H29)
  3.ITマスター認定申請記入例(H29)
  4.ITマスター認定対象職種コード表(H29)

相談・支援等・事業に関するお問合せは

担当部署 技能振興室(大阪府地域技能振興コーナー)
営業時間 午前 9 時 ~ 午後 5 時30分
※ 午後12時15分 ~ 午後 1 時の間は昼休憩のため、
  十分な対応ができない場合がありますのでご了承ください。
休   日 土曜日 ・ 日曜日 ・ 祝日・年末年始(12月29日から1月3日)
T E L 06-4394-7833
F A X 06-6534-7511
所 在 地 〒550-0011
大阪府大阪市西区阿波座2-1-1 大阪本町西第一ビルディング6階 

↑このページのトップへ